心理カウンセリング・整体を理論融合した水戸唯一のカウンセリングルームです。どこに行っても症状や痛みがよくならない方は、一度ご相談ください。

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町1199-1 (駐車場有:1台)
「JR水戸駅」 降り口 南口 (バス15分、笠原中央バス停より徒歩1分)

<営業時間>※完全予約制・不定休
平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00

ご予約・お問合せはこちら

029-303-6613

初めてセラピーを受ける

はじめてのセラピー

統合セラピーとは、あなたが抱えるさまざまな悩みや症状に対して、心と身体の専門家が一緒に解決に導きます。すでに米国を中心に欧米では一般的に認知されており、非常に注目を集めている手法のひとつです。

「セラピーを受けるといっても、どの状況(タイミング)で行けばいいのかわからない…」

はじめて当セラピールームをご利用されるクライアントさまから上記のようなご質問をよくいただきます。そこで、あなたが相談に行くべき状況には、次のようなものが考えられますので、まずはチェックしてみてください。

・あなたが孤独だったり、家族や社会からの支援をほとんど得ていないと感じたりしている場合。

・うつや不安・トラウマが、あまりにも激しいものだった場合。

・あなたの症状が、ずいぶん以前から(6ヶ月以上前から)存在する場合。

・よく眠れない場合。

・あまりにも頻繁にアルコールや薬物に頼っていると気づいた場合。

・もう未来はないと考えている場合。

・怒りだすことが多く、他の人から激しくそれをとがめられる場合。

・友達や家族が、あなたが以前に比べてだいぶ変わったと思っている場合。

・仕事や住所をたびたび変えている場合。

また上記以外でもたくさんあるので質問表もご用意しました。

質問表の答えの多くが 「はい」だった場合は、状況や症状を悪化させないためにもお早めにご相談ください。

質問表はここをクリック

どんなことが相談できるの?

心や身体の不安はもちろん、例えばこのようなことも気軽に相談できます。

· 職場・家庭の人間関係、恋愛の悩み

· 漠然と将来が不安、自分を見つめ直したい

· マイナス思考気味、自分を変えたい 

誰にも相談できない・・・そんな時こそぜひご利用ください。

他にどんな相談があるかはここをクリック

あくまであなたが中心主義

当セラピールームでは、決して1つの理論(手法)に固執せず、あなたに合った最適な方法を提案することを基本としています。これを私は統合セラピーと呼んでいます。

あなたのご希望や性格、相談内容を、セラピストが見極め、さまざまな心理療法やボディーセラピーを用いて症状克服・解決に導いていきます。

基本的には、あなたの悩みを整理し、短期的なゴールや中長期のゴールを設定し進めていくことが多いですが、あくまであなたと相談の上で進めていきます。

したがって、例えば、1回のセラピーでスッキリされた場合、無理に継続を勧めたりすることはございませんのでご安心くださいませ。

セラピーの内容例

クライアントによって進め方やご利用のされ方はさまざまですが、1つの例として、対面セラピーを利用された場合のプロセスを簡単にご紹介いたします。まず最初に、あなたの個性や悩みを徐々に捉えていき、今後の目標と第1歩となる行動を決めていきます。

テーマの明確化

あなた聴かせていただいたお話を元に取り組んでいくテーマを明確化します。

ゴールの設定

あなたとじっくり話し合い短期的ゴール(5回程度で終結可能なもの)と長期的なゴールを設定します。

アクションプランの設定

目標を阻害する要因に対する対応の第一歩となる行動を考えて明確にしていきます。

例えば、あなたがセラピーを受けることで、こんなことを得られます!

⇒ モヤモヤの原因を明らかに!

悩みや不安がアバウトであったり、うまく整理してお話できなくても、話を聴くプロのセラピストが上手く整理して、あなたのモヤモヤを明らかにしていきます。

⇒ 簡単なセルフコントロール法・セルフケアを伝授!

気分が落ち着かないときに自分でできるリラクゼーション法や身体的な症状に対してアプローチするセルフケアやエクササイズ、他人とのコミュニケーションのコツなどをお教えします。

セラピーの基本的な流れ

あなたのテーマや個性、各セッション間の状況変化に合わせて、セッション回数やアプローチを変えていくことも多いですが、アプローチの基本的な流れは以下のようになります。

STEP1

前回のセッションを振り返り、その後の経過やあなたの環境・心境・行動の変化を確認していきます。

STEP2

あなたの思考プロセスや行動パターンを整理していきます。(認知行動療法的アプローチ)

STEP3

必要であれば、過去の重要な体験を整理し、あらためて解釈していきます。(認知行動療法的アプローチ)

STEP4

あなたが潜在的な能力・欲求に気づき、その力をいかんなく発揮できるようサポートします。(人間性心理学・トランスパーソナル心理学的アプローチ)

初回セッションと継続について

 心理セラピーのご予約、初来室

『セラピーを受けてみよう!』と思っても、いざ予約を取るとなれば相当な勇気がいるものです。さらに予約をしても、実際に来室するとなると、もっと勇気がいることでしょう。これは、心理セラピーが、病院、整体院や鍼灸院、マッサージ院などに通うのとは少し違うところです。

やはり、自分の悩み、考え方など、心の内を人に話すということ、そして話すだけで自分の悩みが本当に改善するのだろうか?という不安・・・そして心理セラピーに通うことは、自分の悩みもひとりで背負ない弱い人間であると認めてしまうようで怖いという思いが相談するためのハードルを高くしています。このような葛藤を経て、心理セラピーに通うか?止めるのか?が、ひとつの分かれ道です。

 2回目以降の心理セラピー

心理セラピーに、1度行ってみたけど、話を聴いてくれることがメインで、そんなに大きな気持ちの変化がないと感じ、2度目は来室しないという方もおられます。これは、心理セラピーの大きな特徴であり、何割かのクライアントさまが、たぶん感じておられることだと思います。

1回目の個人セッションは、インテーク面接(あなたの悩みや相談内容を明確にして、カウンセリングが可能か否かの判断をし、可能な場合にはカウンセリングの方針を決める見立ての場)になることが多く、あなたの感じていること、心理、健康の状態、どこまでの話を受け止めることができるのか?という、あなたの心の力などを把握するために話をお聴きするため基本的にはこちらから何かを伝えることはありません。(もちろん初回で、ある程度解決しそうな相談など例外はあります)

そのため、アドバイスを求める気持ちが強い、または心理セラピーを受けると問題がすべて解決すると思っておられる方物足りなさを感じられることもあるでしょう。また基本的には、あなたのお話を聴くことに集中するので表面的には誰にでもできることから専門性を感じにくく話を聴くだけなら誰でもできると感じてしまう方もおられるようです。

心理セラピーに継続して来られている方は、追々統合セラピーの専門性や効果を実感していかれるのですが上記のような理由から、2回目の来室を決意できない方が、およそ2~3割はおられると思います。

私は、インテーク面接を終え、その内容を整理して悩みや問題の改善の方向性、対応策、今後の個人セッションの展開が見えていることも少なくないので、この心理セラピー特有の専門性と効力の感じにくいという点は、とってもジレンマです。

 心理セラピーの継続

2回目の来室という心理セラピーのハードルを越え、3回、4回と継続される方も、たくさんおられます。それは、継続される方のほとんどが何らかの効果、自身の変化を感じておられるようですし、私の目から客観的に見ても、それは感じられることが多いんですね。そして、数回の個人セッションで、問題が改善されていく方もおられます。

2回目の個人セッションを受け、ある程度継続される方の多くは、心理セラピーを受ける前から、個人セッションを受ければどうにかなるというよりは、個人差はあれど、『自分だけでは見えないこと、わからないこともあるので、専門家に話すことで、何かキッカケを掴もう!』という意思を持っているように感じます。

2回目以降の個人セッションにいらっしゃって、ある程度継続した方も再度心理セラピーのハードルにぶち当たる方がおられます。それが、心理セラピーの停滞です。最初に相談に来られた時は、心身ともに十分な状態ではないため、ある程度の状態までは改善していくことを実感しやすいのですが、一定のところで行き詰まりを感じてしまうのです。

特に『自分自身と向き合うこと』『気づくこと』を重要視するスタイルのセッションでは、この停滞を感じることが少なくありません。正直、ここから先が、セラピストもクライアントも正念場で、あなたの悩み、問題に向き合う上で、本当の意味での信頼関係、協力関係が必要になってくるところです。

そして、その信頼関係、協力関係は、この心理セラピーの停滞期を乗り越えていく中で、築かれていくことが多いです。

これまでの私の経験から上記のようなことを強く感じているのですが、これらの壁は臨床経験の多いセラピストやカウンセラーならきっと誰もが感じていることでしょう。心理セラピーの進展は、かなり個人差があり、1回目で何らかの症状や問題の改善がみられる人もいれば、ある程度通い続けていて、ふと心や身体がラクになる方もおられます。

さらに、心理セラピーをキッカケに自分の性格をよく理解できるようになり人間関係や仕事に良い影響が出ていると感じられている人もおられます。

上記のようなことからも、自分のためにとはいえ、心理セラピーの予約をし、初めて来室すること、そして継続することは決してラクでも簡単でもありません、だからこそ初めて来室される「あなた」の勇気をしっかり受け止めたいと思いますし、継続することで、自分の抱えている問題を乗り越えていかれる人達には自然と尊敬の念が生まれます。

そして、問題の改善前に継続が途切れてしまう方のことは気がかりになりますし、もう少し続けてもらえれば、おのずと先はみえてくるという想いがあるんですね。2回目の来室、継続の際に心に表れる高いハードルをできるだけ感じないようにできないものかとも思いますが、それを乗り越える心理的な過程も、症状や問題の改善、心の成長に必要なので、それを踏まえて一生懸命に統合的なセラピーを行っていきたいと心から思っています。

セラピーを受けることで得られる具体的な効果についてはここをクリック




お問合せはこちら

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

029-303-6613

<営業時間>※完全予約制・不定休
平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00

お問合せフォーム・ご予約フォームからのご連絡は24時間受け付けております。

茨城県水戸市の統合(とうごう)セラピールームまごころでは、今日の心理療法の中でも特にうまくいってる治療法のひとつ「認知行動療法」を中心に、「うつ」 や 「不安」 でお悩みのあなたを対面でサポートをします。電話(スカイプ)セラピーは全国対応。

またボディーセラピーでは、骨盤矯正を中心に全身の筋肉、骨格、姿勢を矯正することで腰痛や肩こり、股関節痛などを改善、再発を防止します。どうかひとりで悩まず一度ご相談ください。

【無料】まごころ通信

ホームページでは語れないノウハウやメール会員限定のプレゼント・特典が満載!
今すぐ登録して、ご活用くだ
さいませ。

セラピールームのご案内

統合セラピールーム
まごころ

029-303-6613

営業時間

平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00
※完全予約制・不定休

フォームは365日24時間受け付けております。

お問合せフォームはこちら

住所

〒310-0852
茨城県水戸市笠原町1199-1 (駐車場有:1台)

セラピスト:山口ジュンイチ

アクセスマップはこちら

セラピスト紹介はこちら