心理カウンセリング・整体を理論融合した水戸唯一のカウンセリングルームです。どこに行っても症状や痛みがよくならない方は、一度ご相談ください。

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町1199-1 (駐車場有:1台)
「JR水戸駅」 降り口 南口 (バス15分、笠原中央バス停より徒歩1分)

<営業時間>※完全予約制・不定休
平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00

ご予約・お問合せはこちら

029-303-6613

なぜ人が大勢いる場所では人に冷たくなるのか?

都会の人って、すごく冷たいね。

人ごみでうっかり転んでも誰も助けてくれないし…


都会の人はモラルってもんがないんだね!

 

私も経験がありますが、

あなたは都会の人にどのような印象をお持ちですか?

 

もしかしたら

あなたも同じようなことを1度ぐらいは経験しているかもしれませんね。

 

でも、これは“モラル”の問題だけではないという

エピソードがあるのでご紹介しますね。

 

1964年のある夜にニューヨークの住宅街で、

帰宅途中のある女性が男性に襲われました。

 

襲われた女性は悲鳴をあげると

その男性はすぐにその場を立ち去りました。

 

しかし、近所の人々が出てくる気配がなかったので、

その男性は、もう一度その場に戻って女性に再度暴行を加えました。

 

このようなことを数回繰り返し、とうとうその女性は、

男性の暴行により殺害されてしまいました。

 

この事件の後の調べによると、なんと38名もの近所の人々が、

被害者である女性の悲鳴を聞いていたといいます。

 

では、なぜ38名もの人が悲鳴を聞いていたにもかかわらず

誰ひとりとして警察に通報しなかったのでしょうか?

 

多くの学者たちは、

この事件に対して社会モラルの低下だと言いました。

 

しかし、心理学者であるダーリーとラタネは、

「多くの人が悲鳴を聞いていたからこそ誰も助けなかったのだ」

と考え、ある実験を行ったそうです。

 

その実験は、

学生を2名・3名・6名のグループにわけて行われました。

 

各グループのメンバー1人ひとりが個室に入り

マイクとインターフォンでグループ討論をします。

 

途中、グループメンバーの1人が、

突然てんかんの発作を起こします。

 

そのとき討論している他のメンバーが個室から外に出て

「てんかんの発作を起こしたメンバーがいる」と実験者に告げるかどうか観察し

報告するまでの時間を測定しました。

 

この結果、グループの人数が多いほど

発作を実験者に報告した人の割合は減少し

また報告するまでの時間も長くなりました。

 

このように、

助けが必要とされる人がいるとき、自分以外に多数の人がいると

助ける行動が抑制されてしまいます。

 

この現象を「傍観者効果」といいます。

 

この「傍観者効果」が表れる理由には、

以下の3つがあげられます。

多元的無知

他の人が援助しない様子を見ることにより事態は必ずしも

援助を必要としないと解釈されやすくなる。

⇒誰も助けないということは、助けは必要ないんだな…

責任分散

他にも人がいる場合、援助に対する責任や介入しないことへの

非難・罪の意識が人々の間で分散する。

⇒自分以外も彼女を助けることはできるし、僕だけの責任でもないしな…

聴衆抑制

不必要な事態で援助したり、自らの援助が失敗したりした時の

他者からの評価を懸念する。

⇒助けが必要そうだけど、必要でなかったら恥ずかしいからな…

冒頭の事件も

ニューヨークという大都会特有の心理現象によって、


「誰かがやってくれる…」

「自分でなくても…」

「僕だけが悪いわけではない」


という考えが働き、誰も警察に電話するという行動を

しなかったのかもしれません。

 

でも、こんな悲劇が二度とおきないように

「念のため」でも「もしかして」でもいいので

このようなことが目の前で起こっていたら

警察へ一本電話を入れましょう。

 

もし、あなたが助けてほしいときは、

ご指名で助けてほしいことを叫ぶといいのかもしれません。


「白い帽子をかぶっているそこのあなた!

 私を助けてください!」


と叫んでみましょう。

 

すると「傍観者効果」となる理由が排除されて

白い帽子をかぶっている人が、


「私が助けなきゃ!」


と思って助けてくれるかもしれませんよ。




お問合せはこちら

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

029-303-6613

<営業時間>※完全予約制・不定休
平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00

お問合せフォーム・ご予約フォームからのご連絡は24時間受け付けております。

茨城県水戸市の統合(とうごう)セラピールームまごころでは、今日の心理療法の中でも特にうまくいってる治療法のひとつ「認知行動療法」を中心に、「うつ」 や 「不安」 でお悩みのあなたを対面でサポートをします。電話(スカイプ)セラピーは全国対応。

またボディーセラピーでは、骨盤矯正を中心に全身の筋肉、骨格、姿勢を矯正することで腰痛や肩こり、股関節痛などを改善、再発を防止します。どうかひとりで悩まず一度ご相談ください。

【無料】まごころ通信

ホームページでは語れないノウハウやメール会員限定のプレゼント・特典が満載!
今すぐ登録して、ご活用くだ
さいませ。

セラピールームのご案内

統合セラピールーム
まごころ

029-303-6613

営業時間

平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00
※完全予約制・不定休

フォームは365日24時間受け付けております。

お問合せフォームはこちら

住所

〒310-0852
茨城県水戸市笠原町1199-1 (駐車場有:1台)

セラピスト:山口ジュンイチ

アクセスマップはこちら

セラピスト紹介はこちら