心理カウンセリング・整体を理論融合した水戸唯一のカウンセリングルームです。どこに行っても症状や痛みがよくならない方は、一度ご相談ください。

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町1199-1 (駐車場有:1台)
「JR水戸駅」 降り口 南口 (バス15分、笠原中央バス停より徒歩1分)

<営業時間>※完全予約制・不定休
平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00

ご予約・お問合せはこちら

029-303-6613

愛情が一瞬にして憎しみに変わる心理状態とは?

あなたは、大好きだった人から突然「別れ話」を切り出され、その途端、愛情が憎しみに変化した経験はありませんか?

大好きな人から「別れ」をきり出されると最初は悲しいのですが、徐々に憎しみに変わっていくことがあります。それは、相手のことを“好き”であればあるほど“憎しみ”も大きく感じられるのではないでしょうか。

このように人は相手に対して関心や愛着があればあるほど強い愛情を抱くものですが、その愛情の裏には、同じくらい強い憎しみが存在しているといわれています。

このような心理状態を「両価性(アンビヴァレンス)」といいます。

上記の例では、「別れ」というキッカケによって愛情が憎しみにとって替わられたというわけです。

このような男女間の相反する感情の存在について、精神科医のべラックは、ショーペンハウアーのおとぎ話に例えて説明しています。

ヤマアラシのジレンマ

ある冬の晩に、2匹のヤマアラシが寒さに震えていました。その2匹のヤマアラシは寒さをしのぐために体を寄せ合おうとしました。

でも、ヤマアラシの体は鋭いトゲで覆われています。ですから、体を寄せ合おうとすると、お互いの体を傷つけ逆に、離れれば寒さに震えることになってしまうことに。

2匹は、どうしたらお互いの体を傷つけずに、体を温めあうことができるのか、くっついたり離れたりを繰り返すのでした…

このおとぎ話のように人間関係も近づきすぎると傷つきやすく離れすぎると淋しくなるんじゃないでしょうか?

このおとぎ話を恋愛関係に置き換えてみると、好きだった強さの分だけ相手に近づいていたことになり、その分だけ「別れ」のときに深く傷つき、憎しみも強くなるのかもしれません。

とはいっても、ほどほどの距離では恋愛関係とは言えないし、それに傷つくのを恐れて恋に落ちることを抑えるなんてこともなかなか難しい話。恋愛関係の難しさは、こうしたジレンマからきているのかもしれませんね。

つまり、失恋したときの憎しみが大きいということは、それだけ自分は相手を好きだったということ。

もしあなたが、相手への憎しみに振り回されそうになったら「それだけ好きになれる相手に出会うことができてよかったな…」と思って気持ちを静めてみてはどうでしょうか。そうすると次の恋愛へと気持ちをゆっくり変えていけるかもしれませんよ。




お問合せはこちら

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

029-303-6613

<営業時間>※完全予約制・不定休
平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00

お問合せフォーム・ご予約フォームからのご連絡は24時間受け付けております。

茨城県水戸市の統合(とうごう)セラピールームまごころでは、今日の心理療法の中でも特にうまくいってる治療法のひとつ「認知行動療法」を中心に、「うつ」 や 「不安」 でお悩みのあなたを対面でサポートをします。電話(スカイプ)セラピーは全国対応。

またボディーセラピーでは、骨盤矯正を中心に全身の筋肉、骨格、姿勢を矯正することで腰痛や肩こり、股関節痛などを改善、再発を防止します。どうかひとりで悩まず一度ご相談ください。

【無料】まごころ通信

ホームページでは語れないノウハウやメール会員限定のプレゼント・特典が満載!
今すぐ登録して、ご活用くだ
さいませ。

セラピールームのご案内

統合セラピールーム
まごころ

029-303-6613

営業時間

平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00
※完全予約制・不定休

フォームは365日24時間受け付けております。

お問合せフォームはこちら

住所

〒310-0852
茨城県水戸市笠原町1199-1 (駐車場有:1台)

セラピスト:山口ジュンイチ

アクセスマップはこちら

セラピスト紹介はこちら