心理カウンセリング・整体を理論融合した水戸唯一のカウンセリングルームです。どこに行っても症状や痛みがよくならない方は、一度ご相談ください。

〒310-0852 茨城県水戸市笠原町1199-1 (駐車場有:1台)
「JR水戸駅」 降り口 南口 (バス15分、笠原中央バス停より徒歩1分)

<営業時間>※完全予約制・不定休
平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00

ご予約・お問合せはこちら

029-303-6613

家族や友人が“うつ”になったときの具体的な対応方法とは?

うつは、決して特別な病気ではありません。家族や友達、職場にうつの人がいたら具合が悪い人に無理をさせないのと同じように、ちょっとした気遣いをもって接することが大切です。

しかし、腫れ物にさわるように、まわりが神経質になりすぎてしまうのも本人の負担になってしまいます。そこで具体的な気遣いのポイントをいくつかご紹介しますね。

「がんばれ」と声をかけない

あなたが善意のつもりで励ましの言葉をかけても本人には負担になります。激励にあたる発言をしないよう心がけることが大切です。

例えば「早く元気になってね」「がんばってね」と言葉をかければ、元気になれなくて申し訳ないと悲観させることになります。そんなときは、「これまでよくやってきたよね」などと言葉をかけてあげてみるとよいでしょう。

 完全に休養させる

うつは脳の神経伝達物質のバランスが崩れるれっきとした「病気」です。気の持ちようだけで、なんとかなるもんじゃありません。まず治療と休養が必要なことを、まわりも本人もよく理解することが大切です。

職場には、つい隠してしまいたくなるものですが、病気なのだからきちんと伝えて休暇をもらうことをオススメします。それが本人にとって、不安を取り除くことにつながりますから。

 朝、無理やり起こす

うつ病は朝から午前中が特に具合の悪い病気なので、ゆっくり寝かせてあげましょう。

 散歩に連れ出す

歩かなければならない、という負担をかけることになってしまいます。

 旅行やカラオケに連れ出す

うつ病は、健康なときに楽しいと思っていたことにも興味がなくなる病気なので、こうした誘いは、かえって疲れさせてしまうことになります。

ただし、まったく何もしないでいることのほうがストレスになる場合もあるので、本人が「こうすべき」でやっていることは別ですが「こうしたい」でしていることは回復に役立つことがありますので、無理にとめないでくださいね。

 温かい言葉をかける

うつ病になると、人から拒絶されることに対して、いつもより敏感になります。いつも温かい言葉をかけるように心がけましょう。

会社などでは、いつものように人を気遣う紳士的な対応ができるのですが、それとは反対に家族や夫、妻などの身内には心理的に依存しやすく、つい甘えがちになります。

身内にとっては大きな負担になることもあるでしょうが、本人の依存や甘えに応えることが回復に役立つ場合も多いんです。

無理をしすぎず「家族って大変だなあ…」と自分が感じる可能性もあることも理解したうえで本人に甘えさせてあげるように心がけていきましょう。

 話を聴いてあげること

うつ病になっても弱みを見せまいとして他人に対しては、きちんと接することができるという人が多いようです。

そんな場合は、本人が自分のつらさを素直に伝えられるような環境を作ってあげることが改善につながります。まずは、心から本人の話を聴いてあげましょう。

例えば「私はこうしたらいいと思うよ。そうしたら治るはずだよ」というのはよくありません。本人より先に自分の意見を言わないことが大切です。

そんなときは「どんなふうにつらいのか、話してみてくれる?」と本人の話に耳を傾けてあげましょう。

ここで気をつけなければいけないのは、話を聴いてあげることはいいんですが、病状などについては、医師や専門家以外が勝手な診断をして惑わせないよう注意してください。

他には「漢方がいいらしいよ」「更年期じゃないの?」のような、よけいなアドバイスをしないことです。本人は、自分の考えを言いづらくなってしまいます。

ですので「休んでもいいよ」 「無理しないでね」のような具合の悪い人に声をかけるように自然なアドバイスを。

と、いろいろ書いてきましたが、どんな接し方がよいかは、その方によって個人差があります。ここに書いてあることが、すべての人にあてはまるということではありませんが参考になれば幸いです。

もし不安な点などありましたら早めに医師や専門家にご相談されることを強くオススメします。




お問合せはこちら

お問合せ・ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

029-303-6613

<営業時間>※完全予約制・不定休
平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00

お問合せフォーム・ご予約フォームからのご連絡は24時間受け付けております。

茨城県水戸市の統合(とうごう)セラピールームまごころでは、今日の心理療法の中でも特にうまくいってる治療法のひとつ「認知行動療法」を中心に、「うつ」 や 「不安」 でお悩みのあなたを対面でサポートをします。電話(スカイプ)セラピーは全国対応。

またボディーセラピーでは、骨盤矯正を中心に全身の筋肉、骨格、姿勢を矯正することで腰痛や肩こり、股関節痛などを改善、再発を防止します。どうかひとりで悩まず一度ご相談ください。

【無料】まごころ通信

ホームページでは語れないノウハウやメール会員限定のプレゼント・特典が満載!
今すぐ登録して、ご活用くだ
さいませ。

セラピールームのご案内

統合セラピールーム
まごころ

029-303-6613

営業時間

平日:11:00〜19:00
土日祝祭日:11:00〜18:00
※完全予約制・不定休

フォームは365日24時間受け付けております。

お問合せフォームはこちら

住所

〒310-0852
茨城県水戸市笠原町1199-1 (駐車場有:1台)

セラピスト:山口ジュンイチ

アクセスマップはこちら

セラピスト紹介はこちら